講師紹介

自閉症LABOスペシャリスト

日本の自閉症支援のトップリーダーが、
自閉症支援のスタンダードを届けます。

  • 諏訪 利明

    川崎医療福祉大学 医療学科 准教授
    自閉症LABOスペシャリスト

    上智大学文学部心理学科卒業、同大学院博士前期課程修了後、社会福祉法人県央福祉会県央療育センターで発達障害の子どもの療育と、その家族の相談にあたる。海老名市立わかば学園(障害児通園事業施設)園長を務め、2012年4月より現職。現在は教職のかたわら、地域でのコンサルタントや各地の支援者養成でなど多岐に活動している。
    1993~1994年、朝日新聞厚生文化事業団の奨学金を得て、米国ノースカロライナ大学TEACCH部シャーロットTEACCHセンターにて研修を修める。2017年1月よりTEACCH公認上級コンサルタント。

  • 中山 清司

    自閉症eサービス 代表
    自閉症LABOスペシャリスト

    大阪市立大学文学部人間関係学科卒業、和歌山大学大学院障害児教育修士課程修了。1992年社会福祉法人横浜やまびこの里に入職、知的障害、自閉症の人の支援に関わる。2002年米国ノースカロライナ大学TEACCH 部インターンとして研修。現在、自閉症eサービスとオフィスぼん代表として、支援事業所のコンサルタントや、支援者の育成など全国で活躍している。
    よこはま発達相談室セラピスト(非常勤)、社会福祉法人北摂杉の子会 スーパーバイザー(非常勤)。DVD『自閉症とともに』(東京サウンド・プロダクション)、『自閉症の人が見ている世界』(朝日新聞厚生文化事業団)などの監修・指導に携わる。

  • 志賀 利一

    社会福祉法人横浜やまびこの里 相談支援部長
    自閉症LABOスペシャリスト

    1982年埼玉大学教育学部卒後、財団法人神奈川県児童医療福祉財団小児療育相談センターに勤務し、心理職として知的障害・発達障害の子どもの療育相談、1995年からは社会福祉法人電機神奈川福祉センターにおいて知的障害の人の就労支援、2010年から独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園において知的障害の人に対する福祉施策に関係する研究事業に従事し、2018年より現職。

    1991年に神奈川県が主催した自閉症療育の現任者訓練(2回のTEACCHトレーニングセミナー)のスタッフとして携わり、そのフォローアップ事業として翌年スタートした小児療育相談センター主催の「自閉症とコミュニケーション障害児者の療育援助セミナー」の企画・運営に10年間携わる。2002年からは「自閉症カンファレンスNIPPON」の実行委員として、企画ならびに当日の進行役ほかを担当する。

  • 幸田 栄

    自閉症LABOシニアアドバイザー
    自閉症LABOスペシャリスト

    東京都立大学人文科学科心理学専攻卒業。1975年精神医学研究所嘱託になり、自閉症の行動療法を行っていた梅津耕作先生に学ぶ。安田生命子ども相談室などを経て、1982年、佐々木正美先生が所長をされていた小児療育相談センター勤務。自閉症の子どもたちへの個別プログラムと家族の相談を行う。

    1996年年より横浜市中部地域療育センターにて心理、早期療育科主任、2007年より横浜市東部地域療育センター・2013年川崎西部地域療育センターで園長となる。2018年より嘱託として小児療育センターに戻り、主に中高生の発達障害の評価とカウンセリングの業務につく。

  • 梅永 雄二

    早稲田大学教育・総合科学学術院 教授
    自閉症LABOスペシャリスト

    1983年 慶応義塾大学卒業後、兵庫、大阪や東京の障害者職業センター勤務を経て、1995年から障害者職業総合センター研究員において「自閉症の就労支援」に関する研究を行い、筑波大学で博士号を取得。1998年より 明星大学人文学部専任講師、2000年 助教授、2003年 宇都宮大学教育学部教授を経て2015年より現職。

    2006年8月~2007年9月にノースカロライナ大学医学部精神科TEACCH部留学を経て、その後、現地ノースカロライナへの視察研修の団長を長年務めるなど、TEACCHプログラムの日本での普及に大きく貢献。栃木県宇都宮市を中心に茨城、青森、大分、埼玉、福島などで3デイのTEACCHワークショップを主催、また、各地で成人期の自閉症の人の就労アセスメントTTAPのワークショップを開催する。現在、高機能自閉症の人の就労支援について、T-STEPに基づいた大学に在籍する高機能自閉症の学生へのキャリア教育に関する研究会を実施している。

  • 坂井 聡

    香川大学教育学部 特別支援教育領域教授
    香川大学教育学部附属坂出小学校 附属幼稚園 校園長
    自閉症LABOスペシャリスト

    香川大学教育学部卒業後、県内の特別支援学校で教員として勤務。2001年から金沢大学大学院教育学研究科に在籍、大学院修了後、特別支援学校の勤務を経て現職に。将来の教育現場で活躍する学生の指導を行っている。大学ではバリアフリー支援室長として発達障害のある学生の相談に応じ、合理的配慮について検討するとともに、小学校と幼稚園では歌って踊れて走れる校園長として、日々児童生徒と関わっている。現場での豊かな勤務経験を生かした実践的研究者である。

    1990年にTEACCHトレーニングセミナーに参加、自閉症カンファレンスNIPPONでは、1年目から実行委員を務めている。

    専門はコミュニケーション支援で、特に表出性のコミュニケーションに特化した支援方法を考え、支援技術(AT)、拡大代替コミュニケーション(AAC)について実践研究を続けている。また富士通やソフトバンクなどと共同研究も行い、支援アプリやソフトの開発も行っている。

PAGE TOP