自閉症LABO

コラム 「学校でできる構造化」(2)~自閉症のある児童をクラスで受け入れるために~ ⑤

ここまで6人の自閉症のある人たちによる言葉を見てきました。最後は、小道もこさんです。『あたし研究』という本はとても分かりやすくご自身のことを分析されています。そこには、このように書かれています。 「私は見えていること/ モノがすべてだと思いがちです。たとえて言うなら、視線ビームの行き届かないものは認知しにくい感じなんで...
こちらの記事は限定公開の記事です。 閲覧するためには、該当する会員権限にてログインするか新規会員登録をお願いします。  
坂井 聡

坂井 聡

香川大学教育学部 特別支援教育領域教授
香川大学教育学部附属坂出小学校 附属幼稚園 校園長
自閉症LABOスペシャリスト

PAGE TOP