自閉症LABO

コラム 学習の仕方の違い(8)~実行機能の弱さ~ ②

時間という抽象的な概念を扱うことが苦手です。 時間はとても抽象的です。例えば、9時に決められた場所に行くためには、何時の電車に乗り、そのためには何時に家を出ることが必要で、食事は出かける前の何時に食べ終わり、そのためにテレビを見るのは我慢する・・・。こうした毎日の情報処理を、私たちは何気なくやっています。自閉症の子...
こちらの記事は限定公開の記事です。 閲覧するためには、該当する会員権限にてログインするか新規会員登録をお願いします。  
幸田 栄

幸田 栄

自閉症LABOシニアアドバイザー
自閉症LABOスペシャリスト

PAGE TOP