自閉症LABO

志賀 利一

2021/04/19

1982年埼玉大学教育学部卒後、財団法人神奈川県児童医療福祉財団小児療育相談センターに勤務し、心理職として知的障害・発達障害の子どもの療育相談、1995年からは社会福祉法人電機神奈川福祉センターにおいて知的障害の人の就労支援、2010年から独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園において知的障害の人に対する福祉施策に関係する研究事業に従事し、2018年より現職。

1991年に神奈川県が主催した自閉症療育の現任者訓練(2回のTEACCHトレーニングセミナー)のスタッフとして携わり、そのフォローアップ事業として翌年スタートした小児療育相談センター主催の「自閉症とコミュニケーション障害児者の療育援助セミナー」の企画・運営に10年間携わる。2002年からは「自閉症カンファレンスNIPPON」の実行委員として、企画ならびに当日の進行役ほかを担当する。

PAGE TOP